メンテナンス方法について


お買い上げ頂いたお客様各位

せせらぎ室内ビオトープをお買い上げいただき有難うございます。
スパティフィラム、ポトスなどの植物が大きく成長し根づまりなどを起こし水の流れが悪くなり、浄化能力も低下していませんか?
1.通常の管理方法 ・・・水替えは必要ありませんが苔掃除は必要です!
 補給水と水音調整

 エアコンなどで室内が乾燥すると水槽の水は蒸発し少なくなりますので水の補充をお願いいたします。この際、水道水を直接入れてもかまいません。

せせらぎの水音が大きくなると水は少なくなっています。水量を調整でお好みの水音に調整する事が出来ます。

 ②水槽ガラス面の清掃

 水槽ガラス面には光合成では苔が発生しますので1ケ月に1回程度は、上部ろ過装置を取り外しスポンジ等でガラス面の苔を取り除き、浮遊物は網ですくい取って下さい。

この際水は汚れますが、1~2時間程度循環させると、水はきれいに浄化され透明になります。

 ③ポンプの清掃

ポンプにゴミなどが詰まると振動音が出ます。取り外しフィルターなどの水洗いを行ってください。ガラス面に取り付ける吸盤に苔が付くと吸着しなくなりポンプが動き水漏れの原因になりますので吸盤も洗ってください。

4560㎝型は取り扱い説明書をご覧ください。

 ④ろ過装置の水洗い

2~3ヶ月に1回程度、ろ過装置を取り外し、風呂場などで底からきれいな水が出るまで洗い流してください。底部から植物の根が出ている場合はスポンジで底をこすり取り除き、枝などが伸びている場合も剪定をして下さい。

2,植物の植え替え方法

植物も大きく成長し、底穴から沢山の根が出て目詰まり原因になります。

1年に1回程度植物の植え替えが必要です。株分けをするか、新しいものと植え替えてください。この際、土で栽培された植物は根付きませんので、水耕栽培で育てた専用植物、別売りで用意していますのでご利用下さい。ろ過材の竹炭には水洗いのみで半永久的に使用できますがバクテリアが住み付いていますので乾燥はさせないでください。

植え替えの時期は暖かくなる4月以降が植え替えの適期です。

*植物には肥料を与えないでください!

 

せせらぎ室内ビオトープの植物は1年~2年で植え替えが必要で、植え替えを行って頂く事で浄化能力も向上します。暖かくなる4月以降が植え替えの適期です。この時期に植え替えを行いリセツトし末永くお使いください。

植え替え方法について

① 水槽からろ過装置を取り外し、風呂場などでろ過装置が入る程度の洗いオケの中で竹炭がこぼれないように植物を抜き取る。

② 大きくなったスパティフィラム、ポトスなどは株分けを行い植え替えるか、又は新しい専用の植物で植え替える。この際市販の土に植え付けた鉢植えを植え付けても活着しません。苗から水耕栽培で育てた物を使用してください。

③ 竹炭の水洗い。汚れが無くなるまで水洗いを行って下さい。竹炭は取り換える必要はありません、竹炭にはバクテリアが住み着いていますので乾燥はさせないでください。

④ ろ過装置の水洗い。底穴、ネット、人工芝などに絡んだ根、汚れなどをきれいに洗い流す。
ろ過装置の外側裏側の汚れも洗い落とす。

⑤ 植え込み。ろ過装置の中に人工芝、ネットの順で入れ、植物を置き水洗いを行った竹炭を入れ、根元に竹炭が入る様に水で流し込み植え付けて下さい。