Q&A


水道水のカルキ抜きは必要ですか?

    →カルキ抜きは必要ありません。

    水槽の立ち上げ時、観賞魚を入れる前に水道水をそのまま入れ、半日ほどポンプを循環させてください。水が安定します。ただ、お急ぎの場合は市販のカルキ抜き剤を入れてください。

    水を補充する場合も水道水をそのまま入れていただいて大丈夫です。

    この方が水槽にコケが発生しにくいです。

    ポンプから水が出ない

      →ポンプ内の空気が抜けていないことが考えられます。

      電源の抜き差しを何度か繰り返していただくと中の空気が抜けて動くようになります。

      また、ポンプ内部のプロペラにゴミ、水アカ等がついていると動きません。

      ゴミは取り除いてください。定期的な洗浄を行っていただくとポンプが長持ちします。 

      塩水浴してもいいですか? 

        →魚のために塩を入れることがありますが、塩を入れると植物が枯れてしまいます。別の水槽に移して塩水浴をしてください。同じ理由で海水魚の飼育もできません。

        ろ過装置に水が溜まる

          →成長した植物が根詰まりをおこしていることが考えられます。弊社HPのメンテナンス方法を参照して株分けなどを行い、植物の植え替えをしてください。

          ポンプからくみ上げた水が全体に行き渡らない

            →竹炭の中にはバクテリアが発生しており、竹炭が乾いた部分と濡れた部分があることで植物にとっていい環境が出来上がります。そのため、全体に水が行き渡らないようにしてあります。

            水がかからないところが白くなっている

              →白くドロドロしたものであれば、エサの与えすぎで食べきれなかったものが上がってきて、カビになっていることが考えられます。その場合はエサを少し減らしてください。

              乾燥した部分がしばらく白くなっているような状態であれば、カビではなく竹炭内にバクテリアが発生したことにより白くなっており、こちらについては問題ありません。

              ただ見た目が気になるということでしたら、炭を洗っていただいても構いません。

              水が白くなり、透明度が悪い

                →エサの与えすぎが考えられます。食べきれなかったエサが水質悪化の原因になります。